小顔矯正の情報が満載!

小顔矯正はほうれい線には影響があるの?

小顔矯正はほうれい線には影響があるの? ほうれい線が出る場合は加齢による場合と顔の骨格による場合が有ります。
前者の場合は保湿やマッサージ等により肌のコンディションを改善する事によって解消する事が出来ます。
顔の骨格の影響の場合も有ります。
例えば、口周りが出っ張った骨格をしている場合、面長であごが細い骨格の場合、目鼻立ちのはっきりとした骨格の場合です。
この場合は顔の全体の骨を矯正すると言う小顔矯正を行えばほうれい線を解消をする事が可能です。
小顔矯正の方法は先に言いました通り2つの方法が有りますがどちらでも効果が期待出来ます。
施術の効果や働きかけは別々なので両方同時に行って問題有りません。
施術する所も最初は格安料金のコースを用意している所も少なく無いのでその格安料金でまず試してみると言う事も出来ます。

小顔矯正効果があるマッサージ

小顔矯正効果があるマッサージ 小顔矯正のマッサージは、顔だけやれば良いというわけではなく、準備段階で首筋や鎖骨等のリンパを流す事です。
小顔矯正で有名な施術でコルギがありますが、まずはリンパ流しをやったりします。
まずは耳の付け根あたりから頬骨まで真っ直ぐ指で押し下ろす事を繰り返し行います。
リンパ流しもですが基本的にマッサージをする時には滑りの良いクリーム等をつけなければいけません。
顔に使えるものであれば身体にも使えるので、滑りの良いローション等を予め塗ってから行いましょう。
次に首筋から肩に繋がるところまで指で押し下ろします。
あと、胸骨も真ん中から脇に向かって流します。
それらが終わったら、カッサを使い顔のシワ等を縦に切るように滑らせ持ち上げる。
顎下や頬の筋肉の部分は少し強めでも構いません。
コメカミまで手繰り寄せてから首筋まで流すを繰り返します。
毎日続ける事で顔も引き締まってきます。

新着情報

◎2018/1/31

サイト公開しました

「小顔 影響」
に関連するツイート
Twitter